人気ブログランキング |

藤井 健仁 近況

記号の肉化、《鉄面皮/形代かえし》

TARO賞の作家Ⅱ図録 より

記号の肉化、《鉄面皮/形代かえし》

 近年、造りたいと思えるキャラクターが少なくなってきた。時局からすればむしろ以前よりも「作れる」対象は増加しているにも関わらず、顔が何かを顕す時代は既に終わったのかもしれないと考える程に。それでもモデルとして選択した幾人かでさえも、顔と為した事柄の間に不自然なほど夾雑物が少ないせいか、その結合も弱く感じられる。改めて普遍に還元するまでもなく、既に誰の顔ででもあるかのような顔立ちをしているのだ。だがその顔の持ち主がもたらす惨禍は以前とは比較にならないものになりつつある。だがそこに「凡庸な悪」を持ち出しても仕方が無い。それではヒ素の入った小さなカレー鍋と崩壊した原子力発電所を混同し、極小と極大を相対化してしまう事になりかねない。


 形代(かたしろ)とは藁人形や紙人形を用い、人形に加えた危害を対象人物上に再現させる古来からの呪法であるが、かといってこの制作が私によるモデル達への呪いなのかといえば、そうではない。※5 彼ら自身が紙人形であり、対象は彼らを記号として意識の中に抱え持つ私たち全員である。偶然にそうしたフォーマットが自ずと形成されてしまうのか、それともこのようなノウハウをもつ層が存在するのかは分からない。

 ある町で起こった猟奇事件実行者の顔が全国の液晶画面に表示される時、程度の多寡はありこそすれ、その顔の持ち主が行った所行を同時に1億3千万人が脳裏に描き、想念を蠢動させる。それはその事件自体とは異なる、無意識の位相で起きる全国的な災厄となる。特定個人の顔が、そのまま全国共通の、特定の想念を呼び出すインデックスとなったのだ。そして顔が記号として繰り返し送受されて行く中で、行為に至る迄の細々とした機微や情念は平滑化され、1億3千万との共通因子が残留し、私たちに等しく寄り添ってくる。そこに簡単なアナウンスで、同時に隆起した想念に方向付けし、現実の災厄とすることも、その瞬間には容易な事となりうる。(そこに最初から平滑化された顔が現れて来たのが不自然なのだ。切っ掛けが現実の事象でなくても一たび蠢動が始まればそれは現実の力になる。)

 似ている、似ていないと云う、この作品に対する判定も、私を含めほとんどがモデルを実見した事のないもの同士でのやり取りである。ならばその判定は実際の個人ではなく、それぞれの裡にある記号に対しての想念を基準としたものである。
 その顔は確かに記号でしかない。だが地表の水蒸気が雨雲となるように私たち個々の想念が凝集し束なったものこそが記号の実体であり、それは蠢動が繰り返される程、強度と厚みを増して行く。本来は雑多で来歴も異なるバラバラな個々の想念が連結したものであって、ドライでも透明でも、ましてやバーチャルでもない。

 記号化した存在を「よく見て、描写」することで改めて凹凸を穿ち、叩き出し、削ぎ落とされたかもしれない機微を憶測によってでも復元してゆく、手業による強引な「肉化」は、依然そのまま記号のトレースであったとしてもその多面性を留保させ、束ねられない種類の個人的な情念をもそれぞれに喚起させうるかもしれず、想念の束化、記号の形代化ともいえる事態は僅かにでも遠ざけることができるかもしれない。巧拙はともかくとして記号に寄り添う努力を十分にした上で、それでも「似ていない」と言われるなら、私はどこか労働を認められた気分になる。 

 モデルとなった人物たちの幾人かは、死が訪れる迄の時間に価値を偏らせたばかりに様々な齟齬や虚偽を造り出し、飽和量を超えてそれらを行使したがために死が訪れる迄の時間の確保さえ危ぶまれる程の重大な事態を招いた。近い将来、彼らが思惑通りの生を全うし幽界に向かう途中、仮に私が用意しておいた、自らを模した像を魂の依代として見つけ出したにしても、そこではそれまでのような安寧も充足も継続されない。なにしろ彫刻とは、死んだ後にもそのまま世界は続くとする前提でつくられているものだから。そして生前、さんざん多勢に対し吹聴してきた「死は終わりではない」という現実を諦めに導くためのアナウンスを、今度は連中が聞く事になる。

(※註5 fig[ ] 《寝正日》2008年の作品。 2011年、結果的にモデルが作品をトレースしてしまった事例。勿論偶然である。)
記号の肉化、《鉄面皮/形代かえし》_d0226041_1819453.jpg


# by fujiibph | 2014-12-23 18:13

図録収録コメント冒頭部

二重の対極  

 対極的とも言える、《鉄面皮》、《New Personification》という二つの作品シリーズを、鉄を共通した素材として用い、並行して制作してきた。実在する著名人の顔面を形づくる《鉄面皮》は斬首像とも受け取れる形態(※註1)を持ち、《New Personification》は人形制作を範としたものであるため、前者は暴力的でハード、後者は親和的でマイルドと云った印象を抱かれるかもしれない。けれどもその二つの印象イメージそのままが対極関係となっている、といった図式に留まるものではない。それではまだ半分しか光があたっていないのだ。
 《鉄面皮》では「この様な彫刻を造る為には殺人を可能にする量とほぼ同じ労働量を必要とする(※註2)」といった殺意の形象化として始まりながらも、長時間に及ぶ対象への凝視と労働のさなか、対象の風貌の中に制作者自身の断片を発見し、彼我を隔てる境も次第に曖昧になっていく。最終的には(対象によっては憎悪すべき)その来歴行状にもかかわらず愛着さえも芽生えることになり、ストレートな断罪や害意とは異なったものとして完成する。
 そして鉄で人形を造作する《New Personification》おいては、兵器が高度化し都市が増殖する「鉄の時代」の台頭と入れ替りに後退していったのが「人形」が神像呪物などとして共同体の中で機能し得た世界であるから、この制作はヒトの歴史の正方向と逆方向、双方のベクトルに引き裂かれており、鉄と人形という新旧社会基底材の交代劇が、稚雅な人形のクオリティの中で繰り返されている。これはかなりハードなシチュエーションといえるかもしれない。
 《鉄面皮》、《New Personification》、双方ともに、その初見の印象はそのままに真逆の内実を示す、対極性を内蔵するものであり、その上で「-のまま+、+のまま-」であるこの二つの制作を並行して行う事は、より大きな、二重の対極による循環を産み出す可能性がある。

※註1 fig[ ]《彫刻刑 鉄面皮プラス》2004年  
※註2 個展「彫刻刑 鉄面皮」ステイトメント、2004年

図録収録コメント冒頭部_d0226041_21214334.jpg

図録収録コメント冒頭部_d0226041_2121462.jpg


# by fujiibph | 2014-11-14 21:16

麿 赤兒さんの記事

麿 赤兒さんの記事_d0226041_1732938.jpg


日本経済新聞・夕刊『こころの玉手箱』

2011年1月14日付 本文& 紹介文


<“縄文人”から想像力刺激>


美術は全般的に好きだが、収集家というわけではない。そんな僕が、珍しく気に入って購入したのが、この、藤井健仁さんの鉄を使った彫刻である。



勝手に「ムー」と名付けている。ムー大陸のように、太古の時代に、ひょっとするとあったかもしれない不思議な生き物のように感じるからだ。原子の人、縄文人、とも思える。ムーを眺めていると、いろいろな想念がわいてくる。原始というより、近未来の人のように見える時もある。



6年くらい前、飲み屋で写真家の荒木経惟さんに、藤井さんを紹介されたのだった。展覧会などを見て、気に入った。珍しく、作品をそばに置いておきたいと思った。



藤井さんは愛知県に住んでいる。その作品には、政治家など有名人の顔をかたどった「鉄面皮」のシリーズもあり、ムーのような作品がすべてではない。でも僕は、この不思議な生物のシリーズが好みだ。ムーのほかにも、少女像2体を持っている。1体はセーラー服を着ていて、これはビクトリア、もう1体は水着で、マリアと呼んでいる。



少女の彫刻は、世界を斜めから見ているような、近代的な屈折を持った人間のように見える。でもムーは、もっと無邪気な感じだ。否、ちょっとは邪気を抱いているかも。水木しげるさんではないが、妖怪のようにも思える。というより両生類か?陸と水の際のあたりに暮らしていそうだな。このように、ムーにはいつも想像力を刺激される。僕の舞踏も、古代の人、原始の人間への遡及を目指して創ることが多いから、時間を超えた存在と感じるムーと波長が合うかもしれない。



普段は自宅の棚にちょこんと置いているムーに、時折話しかける。「お前、何考えてるの?」。ムーは「ただ、ト、ト、ト、と歩いているのです」と答える。「これからどうする?どこかに身売りでもする?」「嫌です」。不気味な光景かもしれないが、そんな対話の中から創作のヒントを得ることもあるのだ。


麿 赤兒さんの記事_d0226041_1732824.jpg



まろ・あかじ 1943年生まれ。奈良県出身。劇団「状況劇場」を経て72年に「大駱駝艦」を設立。舞踏の先駆的団体として国内外で評価される。3月17日~21日に東京・瀬田がyパブリックシアターで新作公演。俳優としても活躍する。 




# by fujiibph | 2014-10-29 17:24

TARO賞の作家Ⅱ

TARO賞の作家Ⅱ_d0226041_12391056.jpg


開館15周年記念展 「TARO賞の作家Ⅱ」

大巻 伸嗣  タムラ サトル  天明屋 尚  
藤井 健仁  ヤマガミ ユキヒロ

岡本太郎の精神を継承し、自由な視点と発想で、現代に鋭いメッセージを突きつける芸術家を顕彰するため創設されたTARO賞(岡本太郎現代芸術賞)。これまで17回を数えるTARO賞から、国内外で活躍する作家を数多く輩出してきました。
 岡本太郎美術館では、入選者を紹介するTARO賞展を第4回より毎年開催してきましたが、過去にはTARO賞展と同時期に、また現在は「TARO賞の作家」シリーズとして、受賞作家を紹介する展覧会を開催しています。かつて岡本太郎がそうであったように、新しい才能を支援し、発表の機会を提供していきたいと考えています。
 シリーズ第2回となる本展では、第6回から第12回で入賞した5名の作家、大巻伸嗣(第6回特別賞)、タムラサトル(第8回入選、第12回特別賞)、天明屋尚(第6回優秀賞)、藤井健仁(第7回入選、第8回準大賞)、ヤマガミユキヒロ(第11回特別賞)の現在の活動を紹介します。新しい表現の可能性を探る意欲的な作品をご覧ください。

会期 :
2014年10月18日(土)~2015年1月12日(月祝)

会場 川崎市岡本太郎美術館
ホームページ http://www.taromuseum.jp/exhibition/current.html
住所 神奈川県川崎市多摩区枡形7-1-5
お問い合わせ先 044-900-9898
TARO賞の作家Ⅱ_d0226041_1242593.jpg


料金 :一般900(720)円/高・大学生・65歳以上700(560)円/ 中学生以下無料
※本料金で常設展もご覧いただけます
※( )内は20名以上の団体料
休館日 :
月曜日(11月3日、11月24日、1月12日を除く)、11月4日(火)、11月25日(火)、
12月24日(水)、12月29日(月)~1月3日(土)

主催 :川崎市岡本太郎美術館
協賛 :NECディスプレイソリューションズ株式会社
協力 :Gallery PARC、京都芸術センター(制作支援事業)、TEZUKAYAMA GALLERY、FYH日本ピローブロック株式会社、ミヅマアートギャラリー

# by fujiibph | 2014-09-28 04:59

「溶ける魚・続きの現実」に寄せたコメント

「溶ける魚・続きの現実」に寄せたコメント_d0226041_21231986.jpg


1. 何故今シュルレアリスムを意識しなくてはならないのか。モダンアートの一時代として記憶され、現在「シュール」と名を変えて日常会話のボキャブラリーに回収されたものではある。けれど今、シュルレアリスムが問題とした無意識の領域は当時とは比較にならない程増大しており、その度合いは諸々の犯罪の動機、災害への対応、戦争の名目に看て取る事が出来る。そもそもシュルレアリスム運動の目的の一つが無意識領域からの現実の変革であるとするならば、それが既に残念な形で達成された世界に私たちは生きている。今シュルレアリスムを意識するということは、復古や回帰ではなく、ましてや絵面のトレースでもなく、こうしたシュルレアリスムを追い越してしまった現在からその過去のムーブメントを振り返り、その当時に形成されながらも認識されなかった側面を発見する事であるのかもしれない。たとえば、太古より細菌として存在していたが近代化等期せずして環境条件が揃った時、はじめてヒトに対して猛威を揮い始めるレトロウイルスのようなものとして。

2. 元来単一のものである幅の広いグラデーションを持つ意識領域が、意識と無意識という二項対立に分離されたことはさして以前のことではない。その元来のものからナイーブな性格が色濃い領域を切り取り、無意識と云う得体の知れない不確かかつ大雑把な呼び名とすることで、以前まではそれと地域ごとに結びついていた歴史や事物から切断し、国単位で集合化させ、簡素ないくつかの矢印を用いて何がしかの目的の為に収束させる事が可能になった。その最初の具体例が第二次世界大戦だったとはいえないだろうか。だとすればシュルレアリストが啓蒙するまでもなく当時の世界は既に十分すぎる程、無意識が解放されていたのかもしれない。むしろその解放のべクトルが向かう先に対しての危機意識の顕われこそがシュルレアリスム運動だったのではないかとも思える。

自作について
 鉄で人形を.......
 乱暴な言い方をすれば、鉄を素材として用いて物品の制作を試みる際、鉄が ヒトの歴史と生活環境に対して現在今ある状態となるよう働きかけてきたものと同じものが、その制作する個人の意識にも働きかける。そして人形と云う物を制作しようとする場合、自ずとそのルーツである呪物、神像等が機能し得た過去へと制作者の意識は、部分的にではあるかもしれないが、遡る。 「鉄の時代」の台頭と入れ替りに後退していったのが、「人形」が共同体の中 で機能し得た世界であるから、この制作はヒトの歴史の正方向と逆方向、双方のベクトルに引き裂かれており、なおかつそれを構成する素材とモチーフである「鉄」と「人形」という、お互いにとってそれぞれの背後にある言語イメージからはかけ離れた対極的な要素を持つ、マッチョな鍛造労働に拠るやわらかな内向的愛玩物の製造作業でもある。
 だがその奇怪な条件下で制作された「鉄の人形」が、「鉄」+「人形」という要素の組み合わせの呈示を超え、ある質を持った存在として自立出来るのであれば、それはまぎれもなくシュルレアリスムに於ける転置、しかも現実空間の中で物質によって実現されるデペイズマンとも云えるものなのだ。
City_net Asia 2007 (ソウル市立美術館) カタログ収録 作家ステイトメント

藤井健仁
「溶ける魚・続きの現実」に寄せたコメント_d0226041_4493417.jpg


# by fujiibph | 2013-01-13 04:45