藤井 健仁 近況

<   2015年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧


像形人間-for humans

d0226041_012971.jpg


像形人間-for humans

出品作家:
木村了子(日本画+フィギュア)
関本幸治(写真+立体)
藤井健仁(彫刻+ドローイング)
松山賢(油画+彫刻)



会期:2015年3月31日(火)~4月19日(日) 12時~19時 月休

みうらじろうギャラリー
103-0011 東京都中央区日本橋大伝馬町2-5 石倉ビル4階
電話 03-6661-7687
FAX 03-6661-7690
E-Mail : info@jiromiuragallery.com
東京都公安委員会 第301041206877号
http://jiromiuragallery.com/

オープニングレセプション 2015年3月31日(火) 19時~21時
クロージングトークショウ 2015年4月19日(日) 19時~20時30分
「ヒトかモノか?-人をつくるということ」
参加費1,000円(1ドリンク付)要予約




像形人間 for humans    木村了子

 「人間」を通じて何を表現したいのか?ただ「人」の「形」を追うのでなく、その精神性や社会背景、あるいは人間性を排除した物質としての表現など、さまざまな視点で「人間」を探求する4人の現代美術家のグループ展を開催いたします。
 伝統的な日本画の技法で「美人画」という古くから親しまれたカテゴリーの逆転的発想により、現代美男子(俗称イケメン)像を、女性目線でファンタジックに描き続ける木村了子。
 被写体となる人物や背景など仮想現実空間を自ら制作し、新たな次元として写真作品で表現。人の心の光と影をテーマに、虚と実の境の微妙なところにあるものを表出しようとする関本幸治。
 鉄板を叩き曲げ形作る鍛鉄という技法で、「人形」としての少女像、また犯罪者など実在する人物の顔と、二種の異なる人物像を彫刻の歴史をふまえつつ、独自の視点で制作する藤井健仁。  絵画とはキャンバスに置かれた絵具の集積の結果にすぎないと、さまざまなモチーフを油彩にてコンセプチュアルに捉えつつも、並々ならぬ存在感を放つグラビア的美女を描き続ける松山賢。  本展では各自の人間像作品他、制作から派生した立体作品やドローイングなども交え展示いたします。人間像を創り表現することの意味や面白さを、作品から感じていただければ幸いです。
[PR]

by fujiibph | 2015-03-20 23:53